東京のドイツ式フットケアで足裏の魚の目が改善しました

施術終了から半年たちますが、一切再発してません

先が尖っているため指先が痛くなってきました職場から通いやすい場所の専門店があったのでそこに予約施術終了から半年たちますが、一切再発してません

診察が終わったら、施術内容について詳しい説明が始まりました。
魚の目やたこは別に腫瘍ができた訳ではなく、角質が小石のように大きくなって出来ると説明されました。
その厚い角質をメスやピンセットを使って外科的にとるのではなく、丸い回転やすりで削って行って小さくしていくと説明されました。
何故そういう方法でやるのか質問したら、一気に取れば痛みは解消するけど、またその空洞に新しい角質が貯まって何度も再発すると答えてくれました。
だから少しずつ何回かに分けて角質を削って空洞が出来ないように施術するので、何回か通わないといけないと言われました。
削るのだから痛いのかなと恐怖しながら施術が始まり、患部がほんのり温かくなってくすぐったい感じで施術が終わりました。
何回か通って施術を受けるうちに、出っ張っていた魚の目が平らになって行き痛みも改善して行きました。
私の場合はかなり進行していたので、治療に5回ぐらい掛かりました。
施術が終わる頃にはどこに魚の目やたこがあったのかを見つける事が出来ないほど、綺麗にツルツルの足裏に仕上がってました。
その後別のスタッフに魚の目やたこが出来ないような注意点を、生活指導で教えられました。
施術終了から半年たちますが、一切再発してません。

東京でドイツ式フットケア : 新宿駅周辺のドイツ式フットケアが人気のサロン一覧